似合う色を提案する手法としてパーソナルカラーという言葉をお聞きになった方も多いのではないかと思います。

また、パーソナルカラーを知っている方であれば、イエローベースブルーベースという言葉もきっと聞いたことはあるでしょう。

パーソナルカラーでは、原色に黄色を含んだ色をイエローベースという色のグループと、原色に青を含んだブルーベースの色という色のグループに分けて、どちらのベースが似合うかを診断します。

※画面設定により色みは正確でない場合もございます。

イエローベースの色の例

イエローベース
イエローベース
イエローベース
イエローベース

ブルーベースの色の例

ブルーベース
ブルーベース
ブルーベース
ブルーベース

さて、ここで、髪色をパーソナルカラーイエローベースブルーベースで提案することを考えてみましょう。

上の洋服の似合う色を基にしたイエローベース・ブルーベースをどうやってヘアカラーの提案に置き換えますか?

様々な考え方がありますが、おそらくパーソナルカラーアナリストの間で、いちばん主流となっている考え方が、

イエローベース…カッパー・オレンジ・ゴールド・マットなど、黄みのヘアカラー

ブルーベース…ピンク・バイオレット・ラベンダー・アッシュなど、青みのヘアカラー

という考え方です。

(なお、パーソナルカラーでは、青みのヘアカラーという表現ではわかりずらいため、便宜的に赤みのヘアカラーと表現することも多いのが現状です)

下は、パーソナルカラーイエローベースブルーベースでヘアカラーを分類したイメージです(色名・明度は画面設定やメーカー等により異なります)。

イエローベースに似合うとされる黄みのヘアカラー

(カッパー・マットなど)

イエローベースのヘアカラー
イエローベースのヘアカラー
イエローベースのヘアカラー
イエローベースのヘアカラー

ブルーベースに似合うとされる青みのヘアカラー

(ピンク・アッシュなど)

ブルーベースのヘアカラー
ブルーベースのヘアカラー
ブルーベースのヘアカラー
ブルーベースのヘアカラー

上の写真を見て、イエローベースブルーベースのヘアカラーの違い、一見分かりにくいと思いませんか?

これは、ヘアカラーにはメラニン色素の影響があり、使ったヘアカラー剤の色と、実際髪の上で発色する色が違うためです。


当協会では、ヘアカラーは上のようなイエローベースブルーベースの分け方よりも、下のような分け方を提唱しております。
下の方がすっきりすると思いませんか?

分類①

分類②

分類③

分類④

黄色っぽい色を入れるか青っぽい色を入れるかよりも、分類①②③④のような分け方の方が、ヘアカラー提案の際には明確で分かりやすいのです

当協会では、似合うヘアカラータイプをイエローベースブルーベースの分類やそれから派生する春、夏、秋、冬のタイプでの分け方はしておりません

上のようなヘアカラーに適した方法で、似合うヘアカラーを分類しております。

ヘアカラーで、美容業界で、より明確で分かりやすい分類法での診断方法を体験してみませんか?

養成講座

ヘアスタイル診断士®養成講座

お客様の外見的特徴・好み・ライフスタイル等を分析し、似合うヘアスタイル・ヘアアレンジを提案するプロを養成する、少人数制の4日間の講習会です。

メニュー