似合うヘアカラー(髪色)とは?

洋服の色やメイクの色でイメージががらりと変わるように、ヘアカラーにもその人のイメージを引き立てる色があります。

顔の額縁となるヘアカラーの違いで顔の印象が大きく変わります。

このページでは、日本人女性6名の似合うヘアカラー診断体験ができます。

モデルの右側のヘアカラーイメージから色を選択するとモデルの髪と眉の色が変わります。

[highlight style=”yellow” ]実際には肌色や顔の表情は変わりませんが、髪色が変わることで印象が大きく変わるのが実感[/highlight]頂けると思います。

 

例: 中川登紀子の場合

パーソナルヘアカラー
※カーソルを下のカラーサンプルに合わせてください。




 

例:アイコンシャス代表 吉川ちひろさんの場合

パーソナルヘアカラー
※カーソルを下のカラーサンプルに合わせてください。




例:ミラクルカラー代表 飛田由紀子さんの場合

パーソナルヘアカラー
※カーソルを下のカラーサンプルに合わせてください。




 

例:カラーアナリストMさんの場合

パーソナルヘアカラー
※カーソルを下のカラーサンプルに合わせてください。




例:カラーアナリストNさんの場合

パーソナルヘアカラー
※カーソルを下のカラーサンプルに合わせてください。




 

例:管理美容師 津々路佳世子さんの場合

パーソナルヘアカラー
※カーソルを下のカラーサンプルに合わせてください。




 

いかがでしょうか?ヘアカラーは、顔の額縁ともなる色。明るさや色みが少し変わるだけで、第一印象は大きく変わります

当協会のヘアメイク診断士R養成講座、パーソナルヘアカラー診断士R養成講座では、イメージアップにつながる色、ライフスタイルに合わせた色の教育を行っております。

⇒ 当協会オリジナルの診断法レッド・ノンレッドメソッドについて(右サイドバーよりログインが必要です)