パーソナルカラー(似合う洋服の色)と似合うヘアカラー(髪色)の違い

似合う洋服の色を診断する方法として確立されているのがパーソナルカラー診断
当研究所のヘアカラー診断によるヘアカラー提案と、一般的なパーソナルカラー診断によるヘアカラー提案の違いを下にまとめました。

当協会のヘアカラー提案 一般的なパーソナルカラーによる提案
ヘアカラー色見本(毛束)で診断

DSC_6020

似合う髪色がわかりやすい

ドレープ(布)で診断

DSC_6009

似合う髪色がわかりずらい

茶系16色から診断

IMG_1260

無駄を省き低価格・短時間で診断

100色程度の色から診断

DSC_5886

診断にお金と時間がかかる

洋服とヘアカラーは別物と考える

color_chart_human_ver2

眼・肌などの色から直接似合うヘアカラーを提案。

洋服とヘアカラーは同じと考える

MG_4624

洋服の色の診断結果をヘアカラーに置き換えて提案。

似合うヘアカラー診断は、合理的で美容業界との相性も抜群です。
当協会のコンサルティングや養成講座では、美容業界での合理性や相性を考慮した教育を展開しております。