市販のおしゃれ染め




IMG_3506ドラッグストアやスーパー等で売られている黒髪用のヘアカラー。
「カシスショコラ」「ミルクティ」「ハニーカスタード」等々…
ヘアカラーの色名なのか、お菓子ワールドなのか、分からなくなるような色名が付けられていることが多いのです。

これは、市販用のおしゃれ染めユーザーの大半が、高校生や大学生など「おしゃれをしたいけど美容室に行くだけのお金がない」若者だから、ということが大きいのです。

少し複雑な色名が付いているものの、メーカーのホームページを見ると、カラーチャートが載っているものがほとんどです。
カラーチャートを見ると、カラーバリエーションは美容業界のヘアカラーと似ていることが分かります。

IMG_0970




主な市販用ヘアカラーメーカーのリンク先を下記に記します。
(2012年時点での情報です)

主なメーカー
/主なブランド
ロレアルパリ フェリア3Dヘアカラー
シュワルツコフヘンケル フレッシュライト
花王 プリティア
ホーユー ビューティーラボ
ダリヤ パルティ
マンダム ルシードエル/ギャツビー




市販用おしゃれ染めに良く用いられる色名を、美容業界のヘアカラーの色名との対応で表にしてみました。

色み
色の系統 良く用いられる色名
オレンジ系 メープル
アプリコット等
イエロー系 キャラメル
ハニー
カスタード等
アッシュ系 アッシュ
ピンク系 ベリー系(ラズベリー、カシス、チェリー等)
さくら
モーヴ
ピンク
ブラウン系
ベージュ系
コーヒー系(モカ、エスプレッソ、カプチーノ、シナモン)
ティー系(ミルクティ、アールグレイ)
ナッツ系(ヘーゼルナッツ、ピーナッツ)
ベージュ、ブラウン、ナチュラル

実際には「キャラメルカスタード」「ハニーブラウン」など、色々な用語の組み合わせで色名を付けることが多くなっています。