ビジネスにおけるヘアカラーの変遷

時代とともに徐々に明るいヘアカラーも認められるようになってきています。

先日も、サブウェイの”茶髪”解禁のニュースが出ていました。

その理由は・・・

1. 90年代のヘアカラーブームから時間が経ち、ヘアカラーをファッションとして受け入れる世代が増えた。

2. 小麦肌から美白の時代になり、日本人の肌が明るくなったため、黒髪より”茶髪”が似合う人が増えた。

ただ、このような取り組みがニュースになるということは、まだまだどこかに「ヘアカラーはビジネス向きではない」という意識があるということの裏返しでしょう。

ビジネスで受け入れられれば、ヘアカラーの需要ももっと増えるはず。
当協会も、TPOや、その人らしさも活かしたヘアカラーの提案を広めるための取り組みをしています。

事務局

一般社団法人ビューティデザイン協会事務局です。.

コメントは受け付けていません。