日本顔学会 フォーラム顔学2015 にてポスター発表を行います。

一般社団法人ビューティデザイン協会は、9月12日・13日に中京大学で開催されます、
日本顔学会主催の「フォーラム顔学2015
にて、ポスター発表を行います。

タイトルは

「平均顔を用いたヘアカラーの印象評価」

当協会代表理事でハリウッド大学院大学准教授でもあります中川登紀子と、
当協会講師の朴映宣
2名で発表を行って参ります。

当協会のポスター発表は、9月12日(土)13:40-14:50です。

他にも、顔を通じたポスター発表・口頭発表・講演など2日間に渡り様々な発表がありますので、ぜひお誘いあわせの上お越しください!!
⇒プログラムはこちらをご覧下さい。

※フォーラム顔学の参加(有料)には別途お申込みが必要となります。詳しくはフォーラム顔学2015公式ページにて。

中川 登紀子
似合わせ,色彩学,毛髪科学,香粧品科学,パーソナルカラー,

一般社団法人ビューティデザイン協会代表理事。美容教育研究所代表。東京大学工学部を経て東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修士課程修了。外資系化粧品メーカー3社にて頭髪用香粧品の研究開発やマーケティングに従事。傍ら色彩学、ファッション、メイクアップなどを学ぶ。2010年独立。美容師やカラーアナリストなどの美容や色彩のプロの方を対象とした講習会や、似合わせやヘアカラーに関する教材・ツール制作等を行う。また美容学校や美容短大等でも物理・化学・香粧品科学・パーソナルカラー等を教える。.

コメントは受け付けていません。