美容師のためのパーソナルヘアカラー講習会を開催しました

5月12日は「美容師のためのパーソナルヘアカラー講習会」でした。

講師は、今回特別に当協会代表理事の中川が努めさせて頂きました。

残念ながら写真を失念してしまいましたが、
ヘアカラー提案の重要性をお伝えできたかな?と思います。
ヘアメイクで第一印象はかなり変わります。

ヘアカラーの開発者だった頃は、色々なヘアカラーの実験台になり(もちろん似合う似合わないなんて関係なく)、
そのたびにメイクや洋服も総取替しなくてはなりませんでした。
大学院の専任教員となり、TPOが重要になった今となっては、貴重な経験です。
左は3年くらい前、右は今年。

中川 登紀子
似合わせ,色彩学,毛髪科学,香粧品科学,パーソナルカラー,

一般社団法人ビューティデザイン協会代表理事。美容教育研究所代表。東京大学工学部を経て東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修士課程修了。外資系化粧品メーカー3社にて頭髪用香粧品の研究開発やマーケティングに従事。傍ら色彩学、ファッション、メイクアップなどを学ぶ。2010年独立。美容師やカラーアナリストなどの美容や色彩のプロの方を対象とした講習会や、似合わせやヘアカラーに関する教材・ツール制作等を行う。また美容学校や美容短大等でも物理・化学・香粧品科学・パーソナルカラー等を教える。.

コメントは受け付けていません。