「伝統の美に触れる 初心者向け漆塗り教室」月2回開催に増やします

4月からの新講座、「伝統の美に触れる 初心者向け漆塗り教室」は、

土日のどちらかに月1回の開催をしてきましたが、好評のため、

7月より、土日のどちらかに月2回開催に増やします。

また、6名様以上のご参加に対応するため、

ビューティデザイン協会事務所近くの会場である、

「エセナおおた」2F工房でも開催することにいたしました。

 

「一度ちょっと漆を塗ってみたい」「液体の漆を見たことない」という方は、

どうぞお気軽にご参加ください。

1日体験では、名刺入れに漆で絵付けするコースも追加しました。

その他、箸置き、コースター、漆アクセサリーにも塗っていただけます。

詳細はこちらよりご確認くださいませ。↓

http://beauty-design.org/seminar/urushi/ 

 

◆BDA伝統の美に触れる 初心者向け漆塗り教室
月2回土日開催、14:00~17:00

6/7(日)【場所:BDA】※満席、

7/5(日)【BDA】、

7/26(日)【エセナおおた】、

8/9(日)【BDA】、

8/22(土)【BDA】、
以降随時決定

内容:金継ぎ、蒔絵(まきえ)、螺鈿(らでん)、拭き漆、自由制作など、ご自分のペースで。
1日うるし塗りワークショップも体験可能。
受講費(道具レンタル・材料費込):1回3500円
講師:松江藩御抱え塗師・蒔絵師十二代目 小島ゆり
参加条件:どなたでも
人数:【BDA】6名様まで、【エセナおおた】8名様まで
場所:【BDA】一般社団法人ビューティデザイン協会
JR京浜東北線大森駅より徒歩6分
http://beauty-design.org/information/access/
もしくは、
【エセナおおた】2F工房
JR京浜東北線大森駅より徒歩8分
http://www.escenaota.jp/map.html

<参考受講回数>
・拭き漆 4~6回程度
・金継ぎ 6~8回程度
・蒔絵 6回程度
・螺鈿 8回程度
・刷毛塗り 4~8回程度

持ち物:汚れてもよい服装、エプロン、
(漆がお洋服に付くと取れませんのでご注意ください。)
作品を持ち運びする箱と袋

お申込&お問合せ:http://beauty-design.org/seminar/urushi/ まで

螺鈿ワークショップ完成作品
金継ぎ工程にて、純金粉を蒔いているところ

 

教室風景
小島 ゆり

松江藩御抱え塗師・蒔絵師十二代目。漆壺斎継承者。 ・レースに漆(うるし)を塗ったオリジナル漆アクセサリーや、お椀やお箸など日常的に使えるカラフルな漆クラフトを制作しながら、 国内外展示会、1日体験ワークショップ、うるし塗り教室、漆トリビア講義など漆の普及活動を行う。 ・島根県松江市生まれ。 江戸時代から370年以上続く、松江藩御抱え塗師・蒔絵師小島家直系十二代目として生まれる。 幼少より祖父六代小島漆壺斎(十代目)より漆の手ほどきを受け、その後1996年に父七代小島漆壺斎(十一代目)に師事。 1998年に東京大学文学部歴史文化学科美術史学を卒業後、約10年間企業の商品企画などを行うが、2010年にYuri Kojima 漆 Designを設立し、家業の漆塗りを継ぐ。 以後、独自の漆レースアクセサリーを考案し、茶道具、日常の漆器と合わせて、ギャラリー、百貨店にて展示会を定期的に開催。 フランスでも、カルーゼル・デュ・ルーブル(パリ)など、3回の展示会を行う。.

コメントは受け付けていません。